2018年7月アーカイブ

私の宝物について

誰にでも宝物はあると思います。理由はそれぞれでしょうが、ずっと大切にしているものはあるはずです。私にもあります。今回は、そんな私の宝物について書いていきたいも思います。

1つ目は、ポケモンのフィギュアです。私は小学生の頃、ポケモンが大好きでした。指人形やガシャポンなど様々なフィギュアを集めていました。中学生くらいにはポケモンからは卒業しましたが、今でも自分の部屋に大切に取ってあります。たまに触って当時のことを思い出しています。

2つ目は、デジモンカードです。ポケモン同様、私はデジモンも大好きで、特にカード集めに熱中していました。かなりお金をかけていました。こちらも大切に取ってあり、たまに見返しています。

以上の2つが私の宝物です。これからも大事にしていきたいと思います。

手洗い洗車場は混んでいました。

雪解け水でアチコチに水たまりが出来ていた道路も、

ここ数日暖かな日が続いているのですっかり乾燥し砂埃が立つようになって来ました。


道路を行き交う多くの車は泥で汚れており、中にはナンバーが読み取れない車もあります。

先日には遠く中国大陸から強風に運ばれ「黄砂」がやって来ました。

この黄砂は春の風物詩で、私の車の上にも薄っすらと黄色味を帯びた砂埃が積もっていました。


暫く車を清掃していないので洗うことにしました。

何時もは高速洗車を使いますが、今回は近くにある手洗い洗車場へ行きました。


この洗車場は洗車機が4台しかないので平日でも混みます。

手洗い洗車のメリットは車の下を念入りに清掃できることです。


冬道は凍結防止のために塩化カルシュウムを散布するので、

綺麗に落としておかないと、錆びが発生し痛みが早くなります。

30分程度で清掃が終わり綺麗になった車に春を感じました。
かつてのニュースはテレビ・ラジオ・新聞が主流でしたが、ネットが普及してからは各ポータルサイトで気軽にニュースを知ることが出来るようになりました。

かつてのニュースは、どの媒体でも内容や取り上げられるニュースに大差はありませんでしたが、近頃のニュースは媒体運営者の意向が強く反映されていると言われています。そのため日本のサイトにも関わらず、特定の国のニュースを多く取り上げるなど偏向報道が一部で問題になっています。

ここで問題なことは、偏向報道が一部でしか問題になっていないこと、メディアで取り上げるニュースは正しいと思い込むと、媒体運営者の意向次第で民意を思いのままに操ることになりかねません。ニュースを額面通りに受け止めず、何が真意かを探求できるスキルがネット時代には求められます。

桜の時期は窓からお花見

私は花粉症です。特にヒノキ花粉に弱いようで、時期的に桜が満開の頃には鼻も目もかゆくなります。だからここ何年もまともなお花見などはしていません。幸いなことに我が家の隣の家は大きな桜の木があります。

満開になるととても綺麗なのです。ベランダに出て鑑賞したいところですが、部屋から珈琲やお菓子などを食べながら、ささやかなお花見をするのが毎年のちょっとした楽しみです。


部屋にいるついでに、桜ソングなども流します。この時期だといきものがかりさんの「SAKURA」や森山直太郎さんの「桜(独唱)」などの桜ソングを聞きます。日本人ってつくづく桜が好きだなと思います。私は特に桜が散るの花吹雪が大好きです。自転車に乗りながら花吹雪が舞っているとついつい小さな声で歌ってしまいます。

本当の家族

私の両親は所謂「毒親」です。

今でこそこのような言葉が普及していますが、私の時代にはありませんでした。

母親はまず否定からはいる人で、父親は自分以外のことには無関心でした。


否定され続けて育った私は、自己肯定感がとても低いです。

いつも自分に自信がなく、褒められても裏があるのではないかと疑ってしまいました。

でも、夫と出会ってから私は少しずつ変わりました。


夫は、私の性格や家庭環境などを理解してくれ、すべてを包んでくれました。

夫のおかげで私は自己否定が前ほど酷くなくなりました。


子供が生まれ、私は自分が両親から受けてきたようなことは絶対しないと決めています。

家族3人で笑い合っている時、私は「家族ってこんなに素敵なんだ。」と感じています。

走ることがよい

体を鍛えるのであれば走ることがお勧め出来ます。しかし、かなり太っているのであれば歩くということもよいでしょう。歩くことによって、それなりにカロリーが消費されていくことになります。そこにメリットを見出すということは間違いないことでしょう。

妥当なことであるといえますし、場合によってはかなり大変なこともあるのですが、とにかく歩くことから始めるとよいでしょう。

最終的には走るということになるのは当然です。ですが、その上で考えることもあります。それはストレッチをしてから歩くことです。走るときには間違いなくやる、と言う人は多いのですが歩くことでもそれなりの距離を、というのであれば意識的にストレッチをするようにしたほうがよいでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2018年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。