あまり知られていないカーディガンのルーツ

日に日に寒さがましてきています。

読者の皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

この時期には温かい服装の人が多いと思います。


町中を歩いているとよくカーディガンを着ている方をよく見かけます。

皆様はカーディガンがいつできたのか知っていますか。

知らない方が多いと思います。


なので、今回はカーディガンについて説明していきたいと思います。

カーディガンが生まれたのは17~18世紀、クリミア戦争時に生まれました。

この服を考案したのはイギリス陸軍軍人カーディガン伯爵という方です。


お気づきの方が多いと思いますがあの服は人名が由来となっています。

この服は負傷した兵士がVネックを着易いようにするために考案されました。


いかがだったでしょうか、皆様も日常でよく見かけるもののルーツを調べてみませんか。

きっと新たな発見があると思います。

このブログ記事について

このページは、kaorinが2016年12月25日 14:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寒さにかまけてネットショッピング。」です。

次のブログ記事は「なつかしの音楽で新たな発見」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。