苦手なことに挑戦!

 何年も愛用しているパジャマのズボンのウエスト部分の生地が擦れて、あちこちに穴が開くようになってしまいました。
 
 このズボンは肌触りが良くて着心地もとても良いので気に入っています。
 
 ウエスト部分の穴以外はまだ生地もしっかりしていたので、穴部分を補修してまだまだ着ようと考えました。
 
 しかし私は裁縫がとても苦手で、今まで出来るだけ自分で縫う状況にならないように努めて来ました。
 
 それでもこのズボンをまだ履きたいという気持ちが勝ったので、苦手な裁縫ですが頑張ることに決めました。
 
 不要になったTシャツの生地を適当な大きさに切ってズボンのウエスト部分に被せて、ひたすらチクチクと縫いました。
 
 二時間程かかってやっと全ての穴の補修が終わりました。
 
 お世辞にも綺麗とは言えない出来上がりになってしまいましたが、それでも苦手なことに挑戦出来たので達成感でいっぱいになりました。
 
 やっぱり裁縫は苦手ですが、頑張って良かったです。"

このブログ記事について

このページは、kaorinが2016年10月13日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お金に余裕があったらしてみたいこと」です。

次のブログ記事は「趣味のハワイアンキルトについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。