シャープ買収の件について思うこと

シャープの買収先が台湾企業の鴻海に決定したのかと思っていましたが、シャープが偶発債務という新たな条件を示したことにより、延長になりました。

産業革新機構が再び登場することはなさそうなので、ほぼ鴻海になることは規定事実みたいですが、シャープにいる技術者はどう思っているのか気になります。

特に40代以上は雇用が保障されていないみたいなので、買収されたあとどうなるのか心配していると思います。

家電メーカーは新興国のメーカーとの争いに負けている状態なので、中年の技術者が国内で転職するのは難しいです。

たとえ雇用が継続されていても今はリストラしないといわれていますが、企業なので将来的にはどうなるのかわかりません。

新入社員で採用されたときはすでに一流企業だったと思いますが、まさかこのような状態になるとは夢にも思っていなかったのではないかと推測します。

このブログ記事について

このページは、kaorinが2016年6月 1日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポテトサラダという名のおからサラダ」です。

次のブログ記事は「しょうが湯」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。